ウエブセミナー・シリーズ:タックスヘイブン税制の改正と国際税制の環境変化がもららす海外進出企業への課題

05 September 2018
9:00 - 9:45 CET / 16:00 - 16:45 JST
Webinar  -  On demand

 View in English日本語はこちら

オランダや他のOECD諸国同様、日本の税制においても、海外進出企業による租税回避と見做し得る行為への対抗策が近年導入されております。

その一つとしてタックスヘイブン税制(ないしControlled Foreign Companies = CFC ルール)の最近の抜本的改正が挙げられます。新税制はBEPSプロジェクトでのOECD提言により則した内容となっております。

日本の海外進出企業やその海外子会社は、新しいタックスヘイブン税制へ準拠するために、グループストラクチャーを見直す必要が生じるケースがあります。この場合、十分な対応がなされなければ、海外子会社の所得が本邦で合算課税となる可能性があります。特に、海外資産の保有ストラクチャーやファイナンスカンパニー等の能動的な事業活動がない(主たる活動ではない)SPCではその可能性が高いと言えます。こうした法人では十分な実体ないし自らが管理支配を有することの重要性が増しています。

これらタックスヘイブン税制の改正に加えて、海外進出企業は、トリーティショッピングへの対抗策としての実体要件が求められるなど、オランダや諸外国での税制環境の激変に直面しています。


 ご登録はここをクリック 


本ウエブセミナーではPwC税理士法人とPwCオランダと共に以下につきご案内いたします。

  • 最近のタックスヘイブン税制の主な変更点
  • オランダ税制動向が及ぼす影響と国際税制の(日本企業への)環境変化
  • 様々な変化にどう対応するか~グローバル税務コンプライアンスの観点から~
  • TMF Groupは主催者でPwCと共にプレゼンテーションを行います。

本ウエブセミナーは主に日本の海外進出企業と海外子会社(の国際法人税務ご担当者様)を対象としております。

ウエブセミナー言語:日本語

  • 村上高士 │ International tax │パートナー PwC Japan 
    大手通信会社勤務(新規事業の立ち上げを担当)後、2001年 PwC税理士法人に入所。 入所以来、日系企業への税務サービスを担当しており、国内外におけるM&A, 組織再編に関する税務アドバイス、及び国際取引に関する税務アドバイスに関与している。2007年から2010年の3年間に亘り、PwC オランダ アムステルダム事務所へ出向。日系企業のオランダ投資に対し税務アドバイスを提供する。
  • 木村 弘 │ International tax │マネージャー PwC Tax Netherlands
    2016年まで税理士法人の事業法人部に所属し、国内外の企業に対して、M&Aにおけるデューデリジェンスやストラクチャリングを中心としたコンサルティング・サービスを提供するとともに、組織再編、連結納税及び国際税務に関する税務アドバイスを行っていた。2016年からオランダのアムステルダム事務所の税務チームに所属し、ジャパンデスクとして様々な業種の日系企業に対しオランダ税務に関するアドバイスを提供している。
  • 小澤 徹 │コマーシャルダイレクター TMF Netherlands B.V.
    メガバンクで国内外での30年の勤務経験を経て2016年にTMF Netherlands B.V.に入社、東京に常駐。日本の企業、投資家、アドバイザーの各層にTMF Groupの広範なサービスを提案している。

PWC logo